『静かなる決闘』公開70周年 The 70th Anniversary of THE QUIET DUEL

70年前の今日 (3月13日) は、黒澤明の『静かなる決闘』(1949) が公開された日です。
Seventy years ago today (March 13th), Akira Kurosawa’s The Quiet Duel was released in Japan.

黒澤映画としては知名度が低い作品ですが、三船敏郎の演技は一見の価値があります。三船が黒澤映画に初出演した前年の『酔いどれ天使』の無鉄砲な青年とは正反対に、苦悩する青年医師という難役を三船は非常に好演していました。武士や軍人といったお堅い役で有名になる以前の三船は、画家や農夫など多様な役を演じていました。

又、『静かなる決闘』は、伊福部昭が作曲した唯一の黒澤映画でした。2002年に発売されたDVDに収録されたインタビューに出演していた伊福部先生や主演女優の三条美紀が今では故人ということにも時の流れを感じます。

Although this film is lesser known for Kurosawa’s works, Toshiro Mifune’s performance is definitely worth seeing. Mifune acted really well as a suffering young doctor that is in contrast to the reckless young man in Drunken Angel (1948) the first Kurosawa film he appeared. Before he became well known for the rigid roles such as samurai and military officer, Mifune used to play various roles including a painter and a farmer.

Also, The Quiet Duel is the only Kurosawa film whose score is composed by Akira Ifukube. Both Ifukube and Miki Sanjo (the film’s leading actress) who appeared on the interview of the film’s DVD (released in 2002) are the deceased now. I cannot help but to feel a lapse of time.

コメント COMMENTS