Nuke memo: チェルノブイリ原発事故

● 「チェルノブイリの長い影 チェルノブイリ核事故の健康被害」 ※ ウクライナ軍事医学研究所副所長のオリハ・ホリシナ博士の著作

● 『調査報告 チェルノブイリ被害の全貌』 (岩波書店) 2013年

● 「チェルノブイリ被害実態レポート 翻訳プロジェクト

● 「ウクライナ政府報告書」 京都大学による全文翻訳 (PDF)

● 「チェルノブイリ原発周辺住民の急性放射線障害に関する記録

● 「チェルノブイリ甲状腺がんの歴史と教訓」(Togetter)

● 「読書録 「チェルノブイリ事故が住民と環境に与えた結果」(ヤブロフ博士、ネステレンコ博士共著)

● 「NNNドキュメント チェルノブイリから福島へ 未来への答案」(Togetter)

● 「geophysicsさんの「チェルノブイリの雲の下で」に関するツイートまとめ」(Togetter)

● 「食品と人へのチェルノブイリ放射能汚染」(名古屋生活クラブ)

● 「子どもと被曝 福島とチェルノブイリ」(阪南中央病院)

チェルノブイリから広島へ」(磯野鱧男Blog 2006年9月4日) ※ 重松逸造の悪行の数々。

チェルノブイリ周辺の核汚染、予想より減少進まず」(WIRED.jp 2009年12月18日)

チェルノブイリ原発事故の放射能汚染による被爆者と石棺までの動画」(社長ブログ 2011年4月3日)

Englund, Will. “At Chernobyl, a warning for Japan.” The Washington Post, April 3, 2011.

ソ連政府はどのように収束させたのか ――福島原発震災 チェルノブイリの教訓(3)」(ダイヤモンドOnline 2011年4月12日)

〔重要★★★★★原発NEWS〕 「チェルノブイリの10分の1」の政府公式発表 実はソ連公式発表の「5分の1」 この小賢しきトリック(?) ニューヨーク・タイムズ報道で明るみに」(机の上の空 2011年4月13日 09:43)

放射性物質を中和するって?」(Greener World 2011年4月13日 22:41)

IPPNW「チェルノブイリ健康被害」新報告と、首相官邸資料「チェルノブイリ事故との比較」との驚くべき相違」(Peace Philosophy Centre 2011年4月18日 05:19)

「政府発表を鵜呑みにせず自分の身は自分で守れ」 チェルノブイリ事故処理班の生存者が語る凄惨な過去と放射能汚染への正しい危機感」(ダイヤモンドONLINE 2011年4月20日)

大原発事故から25年: 『チェルノブイリ原発事故・終わりなき人体汚染』 (NHK・1996年放映)が伝える大事なこと」(Peace Philosophy Centre 2011年4月26日 15:30)

必見のNHK「チェルノブイリ」ドキュメンタリー(その2)」(読む・考える・書く 2011年5月8日 20:42)

チェルノブイリ事故発生から25年間の健康被害まとめ」(明日に向かってできること 2011年9月1日 00:42)

チェルノブイリ事故による放射性物質で汚染されたベラルーシの諸地域における非ガン性疾患 Y・バンダシェフスキー教授 Non-cancer illnesses and conditions in areas of Belarus contaminated by radioactivity from the Chernobyl Accident: Prof. Yuri Bandashevsky」(Peace Philosophy Centre 2011年9月29日)

村田メールと旧内務省」(JBpress 2011年12月28日)

20111228 #NHK 追跡!真相ファイル「低線量被ばく 揺らぐ国際基準」」(Togetter  2011年12月28日 23:28)

原発推進派が大慌て! ICRPの基準に科学的根拠なし NHK「低線量被ばく 揺れる国際基準」の衝撃!!」(Everyone says I love you ! 2011年12月31日 15:41)

第2章第3節 チェルノブイリ大惨事後の総罹病率と認定障害」(チェルノブイリ被害実態レポート 翻訳プロジェクト  2012年7月25日 07:13)

チェルノブイリの野ネズミは世代を重ねるごとに「遺伝子損傷」が深刻に」(低気温のエクスタシーbyはなゆー  2012年9月5日  6:10)

〔ミニリンク集〕チェルノブイリ原発事故の資料~被曝による健康被害」(低気温のエクスタシーbyはなゆー  2012年9月5日  6:37)

【イリーン『チェルノブイリ:虚偽と真実』】①」(Togetter  2012年9月5日 13:21)

「低線量被ばくでも白血病/チェルノブイリの作業員/米追跡調査、11万人対象」(47NEWS 2012年11月8日 22:01)

2013年、巳年の元旦に必読文献「チェルノブイリの長い影」。衆議院HPでわかる健康被害、東京の今後。」(木下黄太のブログ  2013年1月1日 00:00)

衆議院HPにこっそりアップされている報告書、「チェルノブイリの長い影」の深刻な内容」(★阿修羅♪ 2013年1月3日 16:48)

NHKスペシャル「汚染地帯で何が起きているのか チェルノブイリ事故から4年 」(1990年)文字起こし」(Togetter 2013年1月4日 19:58)

福島の甲状腺ガン増加をチェルノブイリと全く同じ文言で否定する日本人医師たち」(院長の独り言 2013年3月3日 19:48)

【必読】『ベラルーシで現実をみた医師の考察』 2012-06-03 「米国在住」氏」(原発問題 2013年5月4日 20:33)

チェルノブイリの教訓は「安全宣言を信じるな」――ロシア科学者が指摘」(オルタナ 2013年5月24日 13:52)

チェルノブイリの白血病 ~ Noshchenko(2010年)を中心に」(Togetter 2013年11月3日 19:05)

チェルノブイリ汚染地区で開かれているソチ・オリンピック」(院長の独り言 2014年2月20日 22:41)

1.「やっぱりこれは大気中核実験どころじゃない被ばくを私たちはしているんじゃないか」牛山元美医師3/18臨床医が見たチェルノブイリ、福島の現状 (文字起こし)」(みんな楽しくHappy♡がいい♪ 2014年3月25日 09:40)

2.「医療被曝も本当は身体に悪いんだよ」牛山元美医師3/18臨床医が見たチェルノブイリ、福島の現状 (文字起こし)」(みんな楽しくHappy♡がいい♪ 2014年3月26日 18:49)

3.「当初鼻血を出した子が甲状腺癌や白血病になったの?」牛山元美医師3/18臨床医が見たチェルノブイリ、福島の現状 (文字起こし)」(みんな楽しくHappy♡がいい♪ 2014年3月27日 08:23)

4.「事故当時ゼロ歳から4歳位の子どもたちが、ずーっといつの年代でも一番甲状腺がんを発症している」牛山元美医師3/18臨床医が見たチェルノブイリ、福島の現状 (文字起こし)」(みんな楽しくHappy♡がいい♪ 2014年3月28日 17:11)

1081.チェルノブイリをなぞるニッポン」(院長の独り言 2014年5月27日 17:08)

1140.汚染地帯で何が起きているのか チェルノブイリ事故から4年(NHK)」(院長の独り言 2014年8月20日 21:23)

チェルノブイリ事故29年 3基解体2065年ごろ 「石棺」4号機は見通せず /東京新聞」(瀬戸の風 2015年5月7日 18:35)

チェルノブイリから福島へ ノーベル文学賞・アレクシェービッチさんのメッセージ全文 / 東京新聞」(瀬戸の風 2015年10月21日 23:58)

チェルノブイリ被曝者の今「甲状腺がんは子供だけではない・非腫瘍性甲状腺疾患・心臓血管系・高血圧など」~チュマク博士講演11/24(文字起こし)」(みんな楽しくHappy♡がいい♪ 2015年11月26日)

「忘れない3.11:「ロシア政府報告書」驚愕の全貌 フクシマ小児甲状腺がんはチェルノブイリ被曝と符合する!」(毎日新聞 2016年3月15日)

チェルノブイリ30年 廃炉の道は果てしなく」(げんぱつニュース 2016年4月26日 16:30)

100%安全な原子炉夢物語 チェルノブイリ事故30年 ロシアのジャーナリスト警鐘 / 東京新聞」(瀬戸の風 2016年5月9日 20:16)

チェルノブイリ事故30年 福島への教訓 苦しみは消えない 悪化する補償 / 東京新聞」(瀬戸の風 2016年5月31日 07:39)

シェルター内で鎮まらないチェルノブイリ・モンスター ロボットさえ寄せ付けない溶融核燃料」(JBpress 2017年6月15日)

チェルノブイリの元“清掃員”「原発の内部は奇妙なほど美しかったが…」 | 放射能の恐怖とソ連の闇を語る(前編)」(クーリエ・ジャポン 2019年10月18日)

ゲンさんの画帳