Nuke memo: 原発が無くても電気は足りる!

● 「原発のない国へ」(東京新聞)

● 「電力会社・電力使用状況グラフ」(エレクトリカル・ジャパン – 発電所マップと夜景マップから考える日本の電力問題)

● 「停止中の商用原発一覧」(原発・核関連地図)

 

「原発電力3割」という”洗脳”」(マガジン9 – 時々お散歩日記 – 鈴木耕 2011年4月20日)

世界のエネルギーの77%を太陽光や風力で供給可能、IPCCが発表」(MONOist 2011年5月12日)

【原発ないと電力不足はウソでした!?】 夏の電力需要、供給力確保か 東電、広野発電所再開へ」(ぽぽんぷぐにゃん 2011年5月12日 17:43)

黙殺された野村総研レポート「テレビを消せばエアコンの1・7倍節電できる」〝今日もつまらない番組を垂れ流し〟」(★阿修羅♪ 2011年8月13日 21:08)

「東電が“原発抜きの夏”を試算 今年上回る供給力」(47NEWS 2011年11月22日 17:38)

「伊方原発きょう全基停止 四国の電力不足せず」 高知新聞」(土佐のまつりごと  2012年1月13日 13:37)

「どうしても原発を動かしたい関西電力の裏事情」(そもそも総研5/3全部書き出し)」(みんな楽しくHappy♡がいい♪ 2012年5月3日)

大飯フル稼働 火力8基停止 関電に怒り “電力不足ウソか”」(しんぶん赤旗 2012年7月8日)

「関電・電力不足の嘘」と「相次ぐ火力発電の停止」7/8しんぶん赤旗・東京新聞」(みんな楽しくHappy♡がいい♪ 2012年7月9日)

火電停止は電力余剰だった! 関電京都支店広報が明かす」(京都民報 2012年7月13日)

「大飯再稼働も供給量増えず 関電は火力発電止めて調整してた」(NEWSポストセブン 2012年7月21日)

「関電 電力需要を大きく見積もり、供給力を過少申告していた」(ガジェット通信 2012年7月24日)

「電力7社、今夏最高の使用量 供給力まだ余裕」(朝日新聞 2012年7月28日 00:30)

「関電でんき予報、実態と差 火力フル稼働前提とせず」(朝日新聞 2012年7月28日 03:00)

節電要請1カ月 関電、需給95%超なし」(中国新聞 2012年8月2日)

関電「電力不足予測過大だった」 大飯3・4号機の3倍増」(京都民報 2012年8月11日)

「原発なくても夏乗り切れた? 電力、ピーク時でも余裕」(朝日新聞デジタル 2012年8月20日)

関電データでもはっきり 原発再稼働しなくても猛暑は乗り切れた」(しんぶん赤旗 2012年9月7日)

「3電力への節電要請期間終了へ 深刻な電力不足発生せず」(朝日新聞デジタル 2012年9月7日)

四電、8.3%減で目標達成/節電要請 終了」(四国新聞 2012年9月8日)

German power exports soar amid green energy revolution.” DW, April 2, 2013.

「脱原発でも電力輸出超過 ドイツ前年の4倍」(東京新聞 2013年4月3日 夕刊)

輸出が上回ったドイツの電力、脱原発でも伸びる」(スマートジャパン 2013年4月4日)

原発止めても電力輸出4倍/再生可能エネの増産で/ドイツ」(しんぶん赤旗 2013年4月8日)

「電力9社、今冬も安定供給確保=全原発停止でも」(時事ドットコム 2013年10月1日 17:49)

震災後、高効率 火力発電が拡大している。」(country-gentleman 2014年2月13日 18:52)

「原発ゼロでも「予備率3%」 今夏 9電力確保見通し」(東京新聞 2014年4月17日 朝刊)

「関電、東電から38万キロワット調達=今夏の電力需給見通し」(時事ドットコム 2014年4月17日 11:55)

「今夏の電力供給、原発再稼働なくても余力あり 9社試算」(朝日新聞デジタル 2014年4月17日 15:05)

「浜岡停止3年 今夏も余力 中部電 再稼働方針変えず」(東京新聞 2014年5月14日 朝刊)

電力供給サービス:火力発電の増強で夏の供給力に余裕、東京は猛暑でも予備率4.9%以上」(スマートジャパン 2014年5月21日)

2014年度夏 節電予測 微減も定着・需給調整契約は増加」(ざまあみやがれい! 2014年6月11日 23:31)

主張/原発ない夏の電力/“不足”いう前に事故の直視を」(しんぶん赤旗 2014年7月4日)

「原発ゼロ、夏乗り切り 節電期間が終了」(東京新聞 2014年9月30日 22:18)

「冬の節電目標、政府が見送り決定 電力供給に余力」(朝日新聞デジタル 2014年10月31日 22:10)

買取制度の認定設備で福島が第1位、再生可能エネルギーの供給力437万kW」(スマートジャパン 2015年1月5日)

動き出す電力システム改革(30):新電力が500社を突破、1年間で3倍に増える」(スマートジャパン 2015年2月6日)

[インタビュー]8つの原発閉鎖後もドイツの電力受給に問題なし」(ハンギョレ 2015年2月9日 21:37)

さらば電力会社! 自家発電で自給生活する人が意外と増えていた」(週プレNews 2015年2月18日)

電力供給サービス:生協が首都圏の電力を自給自足、再生可能エネルギー中心に調達」(スマートジャパン 2015年3月26日)

猛暑でも電力不安なし 原発 必要性大きく後退 / 東京新聞」(瀬戸の風 2015年8月17日 20:55)

九電 融通なくても余力 「不足」崩れる根拠 / 東京新聞」(瀬戸の風 2015年8月19日 21:21)

「電力需給 今夏も余力 原発再稼働の根拠揺らぐ」(東京新聞 2015年9月28日 朝刊)

主張/この夏電力足りた/根拠ない原発再稼働は中止を」(しんぶん赤旗 2015年10月2日)

電力需給今夏も余力 九電も安定 再稼働揺らぐ根拠 / 東京新聞」(瀬戸の風 2015年10月9日 07:32)

【電力関係の流言について】(2016.4.17作成)」(Togetter 2016年4月17日)

「今夏は節電要請見送り 政府、東日本大震災後で初」(東京新聞 2016年5月13日 夕刊)

「節電なし」初の夏が来る 窮地を救う省・再・新」(日本経済新聞 2016/6/28 11:54)

【2016年度夏季の電力需給見通し】と【原子力発電単価誤魔化しの手法】(2016.6.28作成)」(Togetter 2016年6月28日)

「節電要請」ない夏に 大震災後で初 原発ゼロでも余力 / 東京新聞」(瀬戸の風 2016年7月31日 23:58)

節電定着 供給に余裕 「原発必要」説得力薄れる /東京新聞」(瀬戸の風 2016年8月30日 04:14)

原発なくても電力余裕/今夏需給 使用率95%超えず」(しんぶん赤旗 2016年9月26日)

いまだに繰り返される『原発が稼動しないと電力が不足するという話』(2018.7.22作成)♯原子力PA」(Togetter 2018年7月22日)

みなさんご存知?原発は動いてないのに電力は余裕な東京電力管内」(BLOGOS 2019年8月25日 10:01)

ゲンさんの画帳