Nuke memo: UNSCEARの問題点


原子力~フクシマ放射線リスクの隠ぺい(ドイツ)

「「原発被害に沈黙する WHO:IAEAの同意なしに発言できず」ル・モンド紙(3月19日)」(フランスねこのNews Watching 2011年4月1日 08:25)

IPPNW「チェルノブイリ健康被害」新報告と、首相官邸資料「チェルノブイリ事故との比較」との驚くべき相違」(Peace Philosophy Centre 2011年4月18日 05:19)

核産業(核兵器と原子力)を覆うIAEAとWHOの密約/パレスチナ連帯・札幌 松元保昭」(薔薇、または陽だまりの猫 2011年6月28日 08:33)

WHOは被ばく被害についてIAEAに丸投げ」(エビデンスに基づく考察  2012年11月28日 21:48)

【被曝】IAEAとWHOによる放射線の健康への影響の隠蔽と過小評価と無視」(低気温のエクスタシーbyはなゆー  2013年1月3日 22:39)

Forbes の記事について」(Togetter 2013年1月13日 12:08)

国連と原子力の問題 XIII UN and Nuclear Power Issues」(Save Kids Japan 2013年1月15日 18:43)

ICRPが間違っている5つの理由 5 Reasons Why ICRP is Wrong」(Save Kids Japan 2013年1月16日 21:40)

100mSvを押しつけるForbesと日経(700万アクセス)」(院長の独り言 2013年1月19日 21:03)

UNSCEAR報告に関するデマについて」(Togetter 2013年1月23日 07:58)

フランスTV5 WHOがフクシマの犠牲者を無視する理由」(大神戸共榮圈 2013年1月26日 13:39)

日本経済新聞の電子版記事「放射線と発がん、日本が知るべき国連の結論」(1月17日付)、著者ジェイムス・コンカへの反論」(Fukushima Voice 2013年2月7日)

“Greenpeace: World Health Organisation Downplays Health Impacts of Fukushima Nuclear Disaster.”  eNews Park Forest, February 28, 2013.

IAEAに従属し放射線専門部局もないWHO 福島原発事故の発がんリスク健康影響報告書は信用できない」(Everyone says I love you ! 2013年3月2日 00:30)

WHOの2013年福島レポートとDDREF」(Togetter 2013年3月5日 23:04)

UNSCEARアンスケアー国連科学委員会に日本のデータを渡したのは一体誰なのかを調べてみる」(ブログ「風の谷」 2013年6月3日 19:56)

UNSCEARアンスケアー国連科学委員会の歴代日本代表には放医研(IAEA協働センター=原子力推進)」(ブログ「風の谷」 2013年6月5日 02:44)

「福島事故・国連科学委会報告をどう読むか 安心するのは早い 疫学調査の積み重ね必要」(東京新聞 2013年6月15日)

Gao, George. “U.N. Downplays Health Effects of Nuclear Radiation.” IPS – Inter Press Service, June 26, 2013.

Even Belgian delegates got mad at Upcoming UNSCEAR Report ベルギー代表団でさえ怒った9月に出るUNSCEAR国連科学委員会報告書」(Save Kids Japan 2013年8月31日 18:04)

第68回 国連総会に提出されたUNSCEAR報告書 A/68/46 の部分和訳(英語原文併記)」(Fukushima Voice version 2 2013年10月4日 23:30)

「福島の原発事故による日本国民への直接的な健康リスクあるいは健康被害は無いとみております」 UNSCEARレポート10/1ドイツ放送(日本語字幕)」(みんな楽しくHappy♡がいい♪ 2013年10月11日 21:53)

日本人はだまされている!「IAEA」(国際原子力機関)は原発推進組織だ!」(Time Change~この国の気配 2013年10月23日)

1053.UNSCEAR(国連科学委員会)-フクシマでは被爆の影響はない」(院長の独り言 2014年4月18日 21:45)

〔いのちのフクシマ〕 ドイツ公共テレビチャンネル(3Sat)の調査報道レポート、「なぜ福島災害は無害化されているか」 日本語字幕版・ユーチューブに! / ◆ ホフマン博士は言った、「被害が出ないと言うのは、真面目な科学とは言えない」/  ★ 「フクイチで癌の明らかな増加は予想されない」とした国連放射線影響科学委員会(UNSCEAR)報告書を徹底批判!」(机の上の空 大沼安史の個人新聞 2014年6月1日 11:17)

「福島原発事故に関する「UNSCEAR 2013年報告書」に対する批判的検証[1]」」(脱原発の日のブログ 2014年9月6日 03:47)

【ベーヴァーストックUNSCEAR批判①】」(Togetter 2014年9月7日)

【ベーヴァーストックUNSCEAR批判②】」(Togetter 2014年9月7日)

<UNSCEAR in 郡山>国連科学委員会「福島第1原発事故で、がんの発生率は増加しない」」(みんな楽しくHappy♡がいい♪ 2014年9月8日 10:12)

【報告】UNSCEARの報告書に対する声明を提出(ヒューマン・ライツ・ナウ)」(脱原発の日のブログ 2014年10月30日 22:00)

UNSCEAR (国連科学委員会) 福島原発事故報告書 まとめのまとめ」(Togetter 2015年11月25日)

UNSCEAR 2017年白書「東日本大震災後の原子力事故による放射線被ばくのレベルと影響に関するUNSCEAR 2013年報告書刊行後の進展」について(2017.10.31作成)」(Togetter 2017年10月31日)

【国連科学委員会と放医研】」(Togetter 2019年1月6日)

ゲンさんの画帳