斎藤孝雄

映画

『赤ひげ』 (午前十時の映画祭)

黒澤明の映画『赤ひげ』を「午前十時の映画祭」で鑑賞しました。白黒時代の黒澤映画の集大成とも言える感動巨編を再見して、現代にも通じる様々な問題についても考えてみました。
映画

『八月の狂詩曲』公開30周年 黒澤明が見つめた原爆の記憶

1991年5月25日は、黒澤明の映画『八月の狂詩曲』が公開された日です。夏休みを田舎の祖母の家で過ごすことになった4人の孫の微笑ましくも切ない体験を描いた感動的な佳作です。
映画

『用心棒』公開60周年 黒澤明が創造した最強のフリーランス!

1961年4月25日は、黒澤明の映画『用心棒』が公開された日です。抜群の面白さと三船敏郎の魅力で、国内は勿論、クリント・イーストウッド主演の西部劇など、世界中に多大な影響を与えた痛快時代劇です。
映画

『どですかでん』公開50周年 黒澤明が極彩色で描いた荒地の理想郷

1970年10月31日は、黒澤明の映画『どですかでん』が公開された日です。ハリウッド進出に挫折した黒澤が再起をかけて撮った初めてのカラー映画は、白黒映画時代とは大きく作風が異なっていました。
映画

『夢』公開30周年 黒澤明が見た過去と現在と未来

1990年5月25日は、黒澤明の映画『夢』が公開された日です。黒澤が映像化した8つの夢は、少年時代への郷愁から、戦争の虚しさ、芸術への愛好、科学の悪用に対する警鐘など、晩年の巨匠の遺言とも言えます。
映画

『影武者』公開40周年 黒澤明の悲壮な戦国絵巻

1980年4月26日は、黒澤明の映画『影武者』が公開された日です。勝新太郎の降板ばかり話題になりますが、晩年の黒澤が撮った悲壮な戦国絵巻は『乱』と並ぶ壮大な名作だと思います。
スポンサーリンク Sponsored Link