十五年戦争メモ

日本軍

● 『日本軍政下のアジア 「大東亜共栄圏」と軍票』 小林英夫・著 (岩波書店) 1993年

● 『現代歴史学と戦争責任』 吉田裕・著 (青木書店) 1997年

● 『歴史修正主義の克服 ゆがめられた〈戦争論〉を問う』 山田朗・著 (高文研) 2001年

● 『日本の軍隊 兵士たちの近代史』 吉田裕・著 (岩波書店) 2002年

2014 とくほう・特報/日本の侵略戦争/■第1回■ 東方会議から「満州事変」へ/「在留邦人保護」を口実に」(しんぶん赤旗 2014年8月2日)

日本軍に漂っていた「狂気」の正体 ~悪魔のエリート参謀・辻政信が地獄に引きずり込んだ」(現代ビジネス 2015年12月13日)

「日本海軍は武士道に則り敵兵を・・・・・」って”美談”のウラ」(Togetter 2015年12月14日)

日本が太平洋戦争に総額いくらを費やしたか、知っていますか」(現代ビジネス 2017年8月16日)

「空襲から逃げたら食糧停止」エリート官僚が発した恐るべき命令」(現代ビジネス 2017年9月11日)

ネトウヨと極右新聞が捏造する現代の軍国美談」(読む・考える・書く 2018年2月6日)

いま明かされる、戦中日本軍の「あまりに愚かな」逸話の数々」(現代ビジネス 2018年3月1日)

10万人死亡「東京大空襲」の翌朝、政府が何と言ったかご存じですか」(現代ビジネス 2018年3月10日)

大日本帝国を美化しとるウヨさんへ」(ネトウヨの寝耳にウォーター 2020年1月13日 19:00)

教育勅語

● 『教育勅語の何が問題か』 教育史学会・編 (岩波書店) 2017年

● 「戦前の少年犯罪」(少年犯罪データベース)

教育勅語はどこがダメか」(読む・考える・書く 2014年5月7日)

「教育勅語」復活論者は、単に歴史の無知をさらしているだけ」(現代ビジネス 2017年2月23日)

教育勅語の周縁」(HUNTER(ハンター) 2017年3月6日 09:05)

なぜ教育勅語を学校で教えてはいけないのかわかるページ」(脱「愛国カルト」のススメ 2017年3月8日 11:13)

幼児に教育勅語を暗唱させる時代錯誤と大問題」(JBpress 2017年3月17日)

「教育勅語」を問題視しない人の超危険度」(JBpress 2017年3月18日)

特集ワイド:最近話題の「教育勅語」肯定論は… 歴史修正主義と表裏一体」(毎日新聞 2017年3月28日)

[3]教育勅語訳で消された「天壤無窮ノ皇運」 – 早川タダノリ」(WEBRONZA – 朝日新聞社 2017年3月30日)

「教育勅語は普遍性を持つ」と柴山文科相が言ったので、現代語訳を読んでみました」(BuzzFeed News 2018年10月3日)

日韓併合

● 「日韓協約」(世界史の窓)※伊藤博文は「余り駄々をこねるようだったらやってしまえ」と大きな声で囁いた。

人口増加は善政の証という勘違い」(誰かの妄想・はてなブログ版 2008年10月12日)

植民地に大学を作った事例いくつか」(誰かの妄想・はてなブログ版 2013年7月8日)

公文書にみる植民地朝鮮」(Togetter 2015年7月2日)

穀田議員の韓国徴用工質問/日本政府の主張 根拠失う/河野外相「個人の請求権が消滅したとは申し上げない」/外務局長「個人の慰謝料請求権自体は消滅していない」」(しんぶん赤旗 2018年11月17日)

朝鮮人徴用工にまつわる右派の誤解を正す – 杉田聡」(論座 – 朝日新聞社の言論サイト 2019年8月23日)

いま振りかえる 植民地支配 歴史と実態(1)/脅迫と強圧で実現した「韓国併合」」(しんぶん赤旗 2019年9月8日)

いま振りかえる 植民地支配 歴史と実態(2)/抑圧36年、日本は朝鮮で何をしたか」(しんぶん赤旗 2019年9月11日)

いま振りかえる 植民地支配 歴史と実態(3)/戦後、日本政府がとった態度は」(しんぶん赤旗 2019年9月13日)

従軍慰安婦

● 「日韓両外相共同記者発表」 2015年12月28日 (外務省) 
岸田外務大臣「慰安婦問題は,当時の軍の関与の下に,多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり,かかる観点から,日本政府は責任を痛感している。

 安倍内閣総理大臣は,日本国の内閣総理大臣として改めて,慰安婦として数多の苦痛を経験され,心身にわたり癒しがたい傷を負われた全ての方々に対し,心からおわびと反省の気持ちを表明する」

● 「アクティブ・ミュージアム 女たちの戦争と平和資料館(wam)

● 「慰安婦問題FAQ

● 「FIGHT FOR JUSTICE 日本軍[慰安婦]-忘却への抵抗・未来の責任

● 「「従軍慰安婦」一覧」(泥憲和全集——「行動する思想」の記録)

● 映画『主戦場』(2018) 公式サイト

「土人女を集め慰安所開設」/中曽根元首相関与示す資料/高知の団体発表 (しんぶん赤旗 2011年10月28日)

東アジアの歴史認識の壁」 授堀和生・著(京都大学経済学研究科東アジア経済研究センター ニュースレター 2015年2月2日発行 第555号) ※「慰安婦は高給取りだった」というデマと、歴史学者・秦郁彦を批判。

皇軍の大量強姦を知らないというので資料を並べてみた」(Togetter 2017年1月18日)

旧軍文書に「慰安所」宮古島での存在裏付け」(沖縄タイムス 2014年5月21日 05:21)※沖縄戦時、宮古島には少なくとも17カ所の慰安所があり、殆どが朝鮮半島から連れてこられた女性でした。

「旧日本軍の従軍慰安婦問題を否定したい安倍晋三に「山口敬之が気に入られた」のは,ベトナム派兵「韓国軍に慰安婦」という記事を捏造したからだと報道した『週刊文春』」(社会科学者の随想 2017年10月19日 09:38)

自民党のネトウヨ議員山田宏が大拡散、従軍慰安婦の決定的証拠!(本人は全く気づかず)」(Togetter 2019年2月23日)

高須医院の高須克弥氏が悪質捏造デマサイト拡散 ← まったく関係ない文字にまったく関係ない画像貼りつけ「慰安婦は売春婦だった」と主張」(ご近所のネトウヨさん 2019年7月16日)

中曽根康弘が(ようやく)死んだ」(読む・考える・書く 2019年12月1日)

慰安婦(日本軍性奴隷)を南方に運んだ徴傭船船員の証言」(読む・考える・書く 2019年12月15日)

「慰安婦」、進軍先に配置/内閣府 新たな資料入手/紙氏に答弁書」(しんぶん赤旗 2019年12月20日)

日本軍戦争跡をたどる/マレーシア・シンガポールにみる「慰安所」(中)/公式記録に「開設」記す」(しんぶん赤旗 2019年12月22日)

日本軍戦争跡をたどる/マレーシア・シンガポールにみる「慰安所」(下)/看護婦とだまされて」(しんぶん赤旗 2019年12月23日)

軍「慰安婦」制度認める文書/強制動員の犯罪事実 紙議員が入手」(しんぶん赤旗 2021年6月3日)

731部隊

● 「国家犯罪!731から辺野古まで!!」(731からフクシマまで!! 2016年3月15日 07:28)

通州事件

通州事件 日中戦争泥沼化への道』 広中一成・著 (星海社新書) 2016年

南京事件

● 「南京事件FAQ」(Seesaawiki)

● 「南京事件-日中戦争 小さな資料集」(ゆうのページ )

● 「証言による『南京戦史』

● 『「南京事件」を調査せよ』 清水潔・著 (文春文庫) 2017年

これが歴史の真実 成り立たない「靖国」派の言い分/南京大虐殺は「なかった」 百田発言は世界の非常識」(しんぶん赤旗 2014年3月6日)

安倍総理が研究させたら南京虐殺事件の実在が明らかになった件」(Togetter 2014年4月17日)

2015 とくほう・特報/旧日本軍関係者が語る南京大虐殺/恥ずかしい安倍政権の反発」(しんぶん赤旗 2015年12月13日)

NNNドキュメント「しゃべってから死ぬ 封印された陣中日記」別名「南京事件 兵士たちの遺言」」(Dailymotion)

南京事件の海外での報道-1」(STAY GREEN~GREENのブログ~ 2015年10月12日 11:56)

安倍政権が南京虐殺否定派の学者引用←東京地裁が「通常の学者ではない」「学問研究の成果に値しない」」(Everyone says I love you ! 2015年11月7日)

「南京大虐殺」の存在は、最高裁が家永教科書裁判の判決ですでに認定している。」(Everyone says I love you ! 2015年11月8日)

産経新聞 2016年10月16日付掲載 〈「虐殺」写真に裏付けなし〉記事について」(NNNドキュメント)

アパホテルが「「南京大虐殺」が「虚構である」証拠の数々」と称して公表している内容について反論しておく」(誰かの妄想・はてなブログ版 2017年1月20日)

NNNドキュメント「南京事件 兵士たちの遺言」を検証すると称するウヨブログのレベルが低すぎる件」(読む・考える・書く 2017年10月4日)

戦時徴用船

戦時徴用船 ~知られざる民間商船の悲劇~ 【ETV特集(2014年2月8日)】」(Dailymotion)

船会社「うちの子を返して(´;ω;`)」 戦時徴用された民間船舶の戦時補償の深すぎる闇」(Togetter)

ETV特集:戦時徴用船の補遺」(Togetter)

戦争準備が進んでいる!全日本海員組合が「民間船員を予備自衛官補とすることに断固反対する声明」を発表!」(Everyone says I love you ! 2016年1月30日)

日本と麻薬

知られざる「麻薬大国」ニッポンの裏面史~芸能界「薬物汚染」の源流はこんなところにあった!」(現代ビジネス 2016年5月18日)

岸信介とアヘン王の関係を追う〜密売で儲けた「数兆円」はどこに消えた?」(現代ビジネス 2016年8月7日)

土下座写真は演出か

土下座写真、演出だった?」(西日本新聞 2016年8月26日 14:54)

マッカーサーが日本の戦争を自衛戦争と言ったのはデマ

マッカーサーは日本は自衛のために戦った、と言ったのか?」(誰かの妄想 2007年1月13日 00:05)

マッカーサーは日本の弁護などしていない」(『右を向いて歩こう~親米保守への誘い』第二期 2013年9月2日)

マッカーサー自衛証言説の系譜とその黒幕、あるいは歴史修正主義のデマはなぜ生き残ったか」(誰かの妄想・はてなブログ版 2015年5月16日)

WGIPの嘘

● 『ウォー・ギルト・プログラム GHQ情報教育政策の実像』 賀茂道子・著 (法政大学出版局) 2018年

日本人は本当に「ウォーギルトプログラム」でGHQに洗脳されたのか」(現代ビジネス 2018年8月16日)

特高と思想検察

● 『思想検事』 荻野富士夫・著 (岩波書店) 2000年

● 『告発 戦後の特高官僚 反動潮流の源泉』 柳河瀬精・著 (日本機関紙出版センター) 2005年

国会議員になった特高官僚の名は?」(しんぶん赤旗 2005年3月17日)

軍艦スケッチ事件から見る『この世界の片隅に』のリアリティへの疑問」(読む・考える・書く 2017年11月3日)

公文書廃棄

公文書廃棄、73年前も 敗戦の霞が関に何日も炎と煙が」(朝日新聞デジタル 2018年8月13日 20:44)

靖国神社

中国関連

■[捏造情報] 『日本解放第二期工作要綱』とは何か。」(▼CLick for Anti War 最新メモ 2004年11月9日)

ギルバート氏も騙された?中国の日本侵略計画ヨタ話」(JBpress 2017年9月1日)

戦後のアジア諸国の対日感情

井上和彦氏「日本が戦ってくれて感謝しています」をシンガポールで検証する」(今日もシンガポールまみれ 2016年5月9日)

百田尚樹氏が記載した出典の現物を入手 – 早川タダノリ」(論座 – 朝日新聞社の言論サイト 2019年5月30日) ※ククリット・プラモード「日本というお母さん」記事の真相

「特亜」以外のアジアは「親日」だという妄想」(読む・考える・書く 2019年11月23日)

 

ゲンさんの画帳