Nuke memo: 核(人体)実験

● “Genetic Effects of the Atomic Bombs in Hiroshima and Nagasaki.” The Children of Atomic Bomb Survivors: A Genetic Study. The National Academies Press, 1991.

● 「ABCC―原爆傷害調査委員会―(Atomic Bomb CasualtyCommission)について

● 「原爆投下、市民殺りくが目的 米学者、極秘文書で確認 1983年8月6日(朝日新聞)」(Intelligence Archives)

“1945-1998” BY ISAO HASHIMOTO (CTBTO)

● 「1945年から1998年までに発生した核爆発を地図上に表示する動画「1945-1998」」(DNA 2011年8月6日 16:54)

● 「1945-1989年の放射線被曝死は6160万人」(美浜の会)

● 『プルトニウムファイル いま明かされる放射能人体実験の全貌』 アイリーン・ウェルサム 著、渡辺正・訳 (翔泳社) 2013年

● 『新装版 ビキニ水爆被災資料集』 (東京大学出版会) 2014年

● 『封印された原爆報告書』(Dailymotion)

フランス初の核実験から50年、今なお続く被爆者の苦しみ」(AFPBB Press 2010年2月13日 17:03)

フィルムバッジを持つということ(放射線管理の長い手)」(院長の独り言 2011年6月25日 17:26)

【子どものガラスバッジ調査】健康対策 示されず 市町村任せに疑問の声」(福島民報 2011年10月6日 15:55)

やっぱり!東大の目的は“被曝の人体実験”」(由紀日記  2011年11月12日 02:55)

暴れる暗部 冷戦下の米人体実験 「半世紀で被ばく2万人 遺族了解なく臓器を摘出」」(脱原発・放射能 2012年4月10日 22:12)

広島・長崎被爆者の赤ちゃん資料 1200人分 アメリカ研究利用 20120422」(内部被ばくを考える市民研究会  2012年4月23日)

「「政府は私たちが死ぬのを待っている」仏核実験の被曝者720人のうち、補償認定は4名のみ/ルモンド紙(5月29日)」(フランスねこのNews Watching  2012年6月12日)

広島・長崎への原爆攻撃の目的の一つ「人体実験」 ”被爆者を「治療」せず「実験動物」のように「観察」”」(原発問題  2012年8月31日 18:34)

米エネルギー省、ABCC・放影研、ICRP 国際的原子力ムラ=核マフィアが放射線「安全」基準を作った」(Everyone says I love you ! 2012年10月1日 15:40)

731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島 Unit 731, Hiroshima/Nagasaki, Chernobyl, Fukushima」(Save Kids Japan 2013年1月16日)

「被爆から56年後も白血病リスク 2倍、広島の放射線影響研究所が調査 (中国新聞)」(Finance GreenWatch 2013年7月4日)

【プロパガンダによる統治】ロンゲラップ島民「福島で起こったことは私たちに起こったことと酷似」」(低気温のエクスタシーbyはなゆー 2013年9月2日 14:06)

ピカの毒-英国の原爆の父も米国の情報隠蔽を糾弾していた」(院長の独り言 2013年9月2日 21:45)

赤ちゃんの骨でストロンチウム計測(1)-英米の恐るべき人体実験」(院長の独り言 2013年9月15日 19:59)

赤ちゃんの骨でストロンチウム計測(2)-オーストラリアの人体実験」(院長の独り言 2013年9月16日 21:25)

赤ちゃんの骨でストロンチウム計測(3)-米英の新聞記事と簡易年表」(院長の独り言 2013年9月16日 23:06)

オーストラリア(南半球)の核汚染」(院長の独り言 2013年10月4日 23:09)

「海の放射能に立ち向かった日本人~ビキニ事件と俊鶻丸」-全部知ってる日本政府」(院長の独り言 2013年10月7日 23:00)

アメリカが広島・長崎に対して行なった原爆投下を、早期終戦と人命救済のための必要な選択であったという「原爆神話」で正当化し続けるのは完全な間違いであると 同時に、絶対に許されない人体実験を行ったという、人としてあるまじき凶悪残忍行為である」(原発問題 2013年10月8日 18:48)

科学の暴走~患者にだまって放射能の人体実験をしてきた科学者たち~」(自然の摂理から環境を考える 2013年12月31日 01:23)

福島県民を被験体(モルモット)とした研究論文(国際発表)の数々–なんというか言葉がありません」(★阿修羅♪ 2014年1月3日 22:23)

自国民の原爆被爆被害を日本軍部が喜んで米国のために調査した本当の理由」(院長の独り言 2014年3月1日 21:51)

入市被爆と救護被爆-当初より放射能の害を知っていた都築正男」(院長の独り言 2014年3月2日 21:50)

1037.仲みどり-人類史上初めて「原子爆弾症」による死亡と診断された女性」(院長の独り言 2014年3月21日  22:58)

「子ども約千人にエックス線撮影 広島・長崎、無用の被ばく」(東京新聞 2014年8月2日 02:15)

「初の米核実験から約70年、現地でがん発症の影響調査へ」(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 2014年9月16日 10:04)

「延べ556隻、検査記録あった ビキニ被ばく文書開示」(東京新聞 2014年9月20日 07:13)

ビキニ環礁核実験60年/第五福竜丸以外の473隻 放射能検査 厚労省、初めて文書公開」(しんぶん赤旗 2014年9月20日)

政府は60年間ビキニ水爆実験による被ばくの実態を隠し続け、無かったはずの調査報告書を「黒塗り」で今年出してきた。  被ばくした船員がほとんど、短い生涯を終えたのを見計らって」(原発問題 2014年11月5日 00:34)

「福島県は世界最大の実験場」「1ミリで支援」山下俊一氏」(OurPlanet-TV 2015年5月19日 02:56)

Carroll, Dennis J. “Downwinders seek acknowledgement that Trinity test caused suffering.” Santa Fe New Mexican, July 13, 2016.

Blitz, Matt. “When Kodak Accidentally Discovered A-Bomb Testing – ​​Two thousand miles away from the U.S. A-bomb t.” PM, June 20, 2016.

55年間機密扱いだった核実験の様子を収めた750本のフィルムが機密解除されて一部がYouTubeで公開される」(GIGAZINE 2017年3月16日 19:00)

原爆「調査すれども治療せず」批判に謝罪の意 放影研設立70年式典 / 東京新聞」(瀬戸の風 2017年6月27日 00:02)

【備忘録】『NNNドキュメント』「ビンの中のお父さん 被爆者調査”真の狙い”」そして.通称ABCC(原爆傷害調査委員会=[公財]放射線影響研究所に改組)を考える!!」(晴天とら日和 (SEITEN TORA BIYORI) 2017年12月18日 18:11)

ビキニ国賠訴訟の国際的意義/高松高裁で来月初弁論」(しんぶん赤旗 2018年12月28日)

超深海の生物から高濃度の放射性炭素、冷戦時代の核実験で蓄積」(CNN 2019年5月14日)

ビキニ核被災の「政治決着」/政府、戦犯釈放で取引/補償は限定、公文書に明記」(しんぶん赤旗 2019年6月12日)

国のビキニ資料隠し否定/国賠控訴審 元漁民らの訴え棄却/高松高裁」(しんぶん赤旗 2019年12月13日)

ゲンさんの画帳