Nuke memo: 放射能(内部)被曝の危険性

● 「 ブラウザで動く放射線・放射能の単位換算ツール(簡易)

● 「食品による年齢別の内部被曝ベクレル(Bq)シーベルト(Sv)換算ツール

● “LONG-TERM DYNAMICS OF RADIONUCLIDE VERTICAL MIGRATION IN SOILS OF THE CHERNOBYL NUCLEAR POWER PLANT EXCLUSION ZONE.” SciTech Connect.  ※ 米国エネルギー省のデータベースに掲載されている論文。 一般的に言われてる放射性物質の半減期は単なる計算値で、実測値とは別。 Cs-137の実際の半減期は180年から320年と言ってる。

● 「原子力産業と被ばく者の歴史相関図(1920-2011)」(「僕と核」2011)

● 「「放射線と健康」 アーネスト・スターングラス博士」(日米の原発比較)

● 「がん以外の疾患による死亡」(放射線影響研究所)
※ 「がん以外の疾患による死亡が被曝線量と共に統計的に有意に増加していることが明らかとなった。循環器疾患が死亡のほぼ60%、消化器疾患(肝疾患を含む)全体の約15%、呼吸器疾患は約10%」

● 「ガイガーカウンターでのβ線測定時の誤った表示について」(放射線・放射線測定器に関する説明)

● 『パンフレット『隠されてきた内部被曝からいのちを守るために』 監修 矢ヶ﨑克馬』(レイバーネット)

● 「航路線量計算システム JISCARD」(独立行政法人 放射線医学総合研究所)

● “Radiation-related cancer risks at low doses among atomic bomb survivors.” PubMed.  ※ 放影研のこの論文で、100mSv以下でも統計学的に有意なリスクがあると認めたのは、広島原爆投下から50年以上も経った2000年。(未だに放影研の看板で影響はないと公言している人もいますが)

● Baker, John E., John E. Moulder, and John W. Hopewell. “Radiation as a Risk Factor for Cardiovascular Disease.” Antioxidants & Redox Signaling.  ※ 放射線障害は癌だけではなく、医療関係者は心臓病の増加を認めています。

● 『市民の論理と科学』 武谷三男・著 (筑摩書房)

● 『増補 放射線被曝の歴史―アメリカ原爆開発から福島原発事故まで―』 中川保雄・著 (明石書店) 2011年

● 「中川保雄著「<増補>放射線被曝の歴史」からの引用まとめ」(Togetter)

● 『つくられた放射線「安全」論 科学が道を踏みはずすとき』 島薗進・著 (河出書房新社) 2013年

● 『見捨てられた初期被曝』 study2007 著 (岩波書店) 2015年

● 「2016.3.14放送【NNNドキュメント THE 放射能 “100ミリ以下=低線量被ばくの健康への影響はあるのかないのか?゛】視聴実況感想関連ツイートまとめ」(Togetterまとめ 2016年3月14日) NNNドキュメント「3・11大震災シリーズ(71)THE 放射能 人間vs.放射線 科学はどこまで迫れるか?」2016年3月13日(日) 24:55放送

● 「火星旅行の壁 宇宙放射線で脳障害」C. L. リモリ(カリフォルニア大学アーバイン校) (日経サイエンス  2017年6月号)

● Barnett, Anthony. “Plutonium from Sellafield in all children’s teeth.” The Guardian, November 30, 2003.  ※セラフィールドでは子どもの歯からプルトニウムを検出。英政府も認めています。

「低線量被曝でも発がんリスク—米科学アカデミーが「放射線に、安全な量はない」と結論—」(原子力資料情報室(CNIC) 2005年8月22日 16:14)

原子力発電所の近くに住んでいる子供達の発癌率は高い。」(英語日本語ニュース 2008年2月21日 17:15)

CTスキャンの被ばく量、想定より多かった 数十年後にがん発症リスク」(AFPBB News 2009年12月18日 18:35)

『自然放射能』と『人工放射能』を区別すべき」(★阿修羅♪ 2011年3月20日 10:57)

放射性物質による健康被害の可能性について医学者はどう語っているか」(島薗進・宗教学とその周辺 2011年3月23日 04:28)

セシウムの「環境的半減期は180~320年」」(WIRED 2011年4月5日)

放射性物質基準「日本は10倍厳しい」のウソ」(オルタナ 2011年4月12日 10:43)

IPPNW「チェルノブイリ健康被害」新報告と、首相官邸資料「チェルノブイリ事故との比較」との驚くべき相違」(Peace Philosophy Centre 2011年4月18日 05:19)

「政府発表を鵜呑みにせず自分の身は自分で守れ」 チェルノブイリ事故処理班の生存者が語る凄惨な過去と放射能汚染への正しい危機感」(ダイヤモンドONLINE 2011年4月20日)

日本産婦人科学会への抗議文」(僕と核 2011年4月20日)

放射能に「安全な量などない」:オーストラリア人医師の告発・ニューヨークタイムズ和訳」(中鬼と大鬼のふたりごと 2011年5月2日 01:20)

「長期微量被曝はどれくらい危険か 正しく怖がる放射能【4】」(伊東乾 日経ビジネスONLINE 2011年5月2日)

6月3日 安全な被曝は存在しない 小出裕章(zakzak)」(小出裕章(京大助教) 非公式まとめ 2011年6月3日)

「自然放射線と人工放射線の違い」市川定夫氏(内容書き出し)」(みんな楽しくHappy♡がいい♪ 2011年6月4日 07:14)

Wald, Matthew. “Radiation’s Unknowns Weigh on Japan.” The New York Times, June 6, 2011.  ※「被曝にしきい値なし」「低線量被曝の問題」

NHKスペシャル|被曝治療83日間の記録~東海村臨界事故~【動画まとめ&全内容テキスト化】」(ざまあみやがれい! 2011年6月19日 10:30)

フィルムバッジを持つということ(放射線管理の長い手)」(院長の独り言 2011年6月25日 17:26)

われわれは原発事故にどう対処すればよいか(肥田舜太郎氏)」(院長の独り言 2011年6月26日)

原子力発電所(平常運転時)と癌の関係」(nueq lab 2011年7月11日 13:40)

トリチウムによる被曝の恐ろしさ」(原発問題 2011年7月24日 19:25)

プルトニウム再考」(私設原子力情報室 2011年7月31日 12:09)

白血病入門(2)初期症状と血液データの読み方」(院長の独り言 2011年8月23日)

晩発性の被ばく死の確率に関する事前シミュレーション~なぜ、これが事前に開示されなかったのか?」(情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄 2011年8月25日 15:49)

矢ケ崎克馬先生講演会@新宿8/29」(Togetter 2011年8月29日 22:35)

福島原発事故後の不審な病死(80万アクセス)」(院長の独り言 2011年9月7日 23:51)

全面核戦争基準」(サクラマスのブログ 2011年9月19日) 松田浩平教授(東北文教大学)「国の暫定基準値の500Bq/Kgは全面核戦争に陥った場合に餓死を避けるためにやむを得ず口にする食物の汚染上限です。もしも放射性セシウム137が500Bq/Kgも含まれた食品を3年食べたら致死量に達します」

内部被曝-その評価と治療方法」(院長の独り言 2011年10月10日)

首都大学福士正弘教授のゲルマニウム半導体検出器は壊れていた。そして、あさイチは番組ホームページを書きかえた。(追記:福士教授インタビュー)」(みんな楽しくHappy♡がいい♪ 2011年11月1日 11:00)

放射能の脳への障害」(マチの天然ブログ 2011年11月16日)

〔フクシマ・注目ブログ〕 文科省が「放射線量低く見せろ」 要求に応じず解約になったオンライン線量計」(机の上の空 2011年11月26日)

20111228 #NHK 追跡!真相ファイル「低線量被ばく 揺らぐ国際基準」 (Togetter 2011年12月28日 23:28)

原発推進派が大慌て! ICRPの基準に科学的根拠なし NHK「低線量被ばく 揺れる国」(Everyone says I love you ! 2011年12月31日 15:41)

子どもたちの内部被ばくを考える」(私設原子力情報室 2012年1月3日 22:18)

内部被曝の恐怖 「何ミリシーベルト以下なら大丈夫」はウソ」(日刊SPA! 2012年1月5日 09:29)

内部被曝の恐怖【後編】「日本の医学界が被曝の影響を無視してきた理由」」(日刊SPA! 2012年1月9日 16:12)

「安全安心」ホルミシス効果VS「低線量がより危ない」ペトカウ効果」(逝きし世の面影 2012年1月10日 09:56)

チェルノブイリよりも放出量は多く、世界で初めて大都市が放射能汚染を受けた~NHK海洋汚染から」(院長の独り言 2012年1月17日)

一部削除された読売新聞記事-SPEEDI否定 によって東電の過失をかばった安全委」(Peace Philosophy Centre 2012年1月19日 16:51)

ホールボディカウンター「不検出」が意味すること」(sorakuma 2012年2月7日 02:34)

東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ 素剤,一方住民は。。#genpatsu」(瀬戸の風 2012年2月8日 07:28)

内部被曝と外部被曝を「正しく」理解する」(院長の独り言 2012年2月21日)

NNNドキュメント’12 「行くも地獄戻るも地獄~倉澤治雄が見た原発ゴミ~」 書き起こし・ほぼ完全版」(Togetter 2012年3月12日 22:30)

バグフィルタメーカー『放射性物質を除去できない』と回答」(脱原発の日のブログ 2012年3月24日 16:29)

島薗進氏による『福島原発事故 内部被ばくの真実』のまとめのまとめ」(Togetter 2012年4月16日 21:12)

放射能の怖さをなぜ人より早くわかることができたか・・説得のヒント」(院長の独り言 2012年5月12日)

幼少時のCTスキャンで発がんリスク上昇、英国で18万人を追跡調査」(AFPBB News 2012年6月7日 15:31)

『半減期が長いほど安全』?-気楽で悲惨な安全論」(ナカヤマヒトシ通信 2012年6月8日)

内部被曝に関する島薗進氏の2012 6 21連続ツイート」(Togetter 2012年6月21日 20:02)

公開されない「黒い雨」のデータ」(プルサーマル計画を憂慮する有志の会 2012年8月7日 09:36)

IPPNW(International Physicians for the Prevention of Nuclear War―核戦争防止国際医師会議)日本支部(JPPNW)の理事会・総会ならびにJPPNW広島県支部総会が、平成23年6月4日(土)、広島医師会館で開催された。」(TwitLonger – @YuriHiranuma 2012年8月23日) ※碓井静照JPPNW支部長(IPPNW 北アジア地域代表副会長):『福島福島原発事故に関し、“子どもの被曝量に関する文部科学省の安全基準が甘すぎる。子どもの被曝量は限りなくゼロを目指すべきだ”という提言を、IPPNW共同会長などの連名で日本の文部科学省に送ろうと思うが、碓井IPPNW副会長にもサインをして欲しい』というIPPNW本部からの依頼に対し、碓井は「日本支部として反政府活動はできない」と、サインをしませんでした。

野村大成・大阪大学名誉教授に放射能の危険性をインタビュー 孫以降の世代にもガンを起こす」(食品と暮らしの安全 2012年9月1日) ※野村:大手のテレビ、新聞は「安全と言ってほしい」と言うので、取材は拒否しました。

Sweeney, Dave. “Japan’s radiation catastrophe was made in Australia.” WA Today, September 16, 2012.

米エネルギー省、ABCC・放影研、ICRP 国際的原子力ムラ=核マフィアが放射線「安全」基準を作った」(Everyone says I love you ! 2012年10月1日 15:40)

〔英文医学資料〕低線量被曝による「白血病の発症リスク」の増大」(低気温のエクスタシーbyはなゆー 2012年11月9日 04:40)

放射能汚染は、東日本人口の1632万人に影響が出ると試算された!!」(原発はいますぐ廃止せよ 2012年12月4日)

放射能の脳への障害」(思いがめぐる 2013年1月12日 22:59)

ICRPが間違っている5つの理由 5 Reasons Why ICRP is Wrong」(Save Kids Japan 2013年1月16日 21:40)

731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島 Unit 731, Hiroshima/Nagasaki, Chernobyl, Fukushima」(Save Kids Japan 2013年1月16日)

生体濃縮が露見・・ムラソイから25万4千ベクレル」(院長の独り言 2013年1月20日 19:51)

放射能は微量でも危険です!!青森のお医者様たちが作った28年前のポスター」(げんぱつニュース 2013年1月23日 13:12)

【動画検証】福島第一原発3号機大爆発と兵器実験の核爆発のキノコ雲の形状が酷似」(低気温のエクスタシーbyはなゆー 2013年1月31日 16:23)

日英米における原子力村による殺人?と広島長崎の遺伝影響Murder by nuke lobby during Thatcher Era?/Genetic Effects of Radiation」(Save Kids Japan 2013年4月10日 14:31)

理不尽すぎる「放射能ロンダリング」」(泣いて生まれてきたけれど 2013年4月13日)

10ミリシーベルトでも危険-ICRPは放射線被ばくの発がんリスクを 10分の1に過小評価している-(松崎道幸医師)」(Peace Philosophy Centre 2013年4月29日 15:25)

トリチウムの恐怖(前編)」(私設原子力情報室 2013年5月4日 15:20)

トリチウムの恐怖(後編)」(私設原子力情報室 2013年5月4日 15:32)

「低線量被ばくによる生体影響に関する細胞遺伝学的評価法の開発」実施報告書等」(NPO法人情報公開クリアリングハウス 2013年6月27日 20:11)

「被爆から56年後も白血病リスク 2倍、広島の放射線影響研究所が調査 (中国新聞)」(Finance GreenWatch 2013年7月4日)

「年間5ミリシーベルト以上の地域は強制避難地域なんだ!除染なんかできないんだ!」そもそも総研8/29(動画・内容書き出し)」(みんな楽しくHappy♡がいい♪ 2013年8月29日 18:39)

早野龍五氏らによる『福島県内における大規模な内部被ばく調査の結果』について矢ヶ崎克馬(琉球大学名誉教授)」(T&J メディカル・ソリューションズ 2013年9月12日 08:01)

放射能安全デマのエッセンス-実効線量係数-」(院長の独り言 2013年9月23日 22:01)

放射能安全ブログの書き方-「聖書」の記述を見破れ」(院長の独り言 2013年9月24日 21:10)

カリウム詐欺」(かわかみ たかひろ Facebook 2013年9月25日)

<トリチウムの動向ー植物>部位によるトリチウ摂取量の違い/トリチウム水蒸気の葉からの取り込み(放射線医学総合研究所資料集書き出し)」(みんな楽しくHappy♡がいい♪ 2013年10月4日 09:29)

<トリチウムの動向ー動物系>数時間で全身にほぼ一様に拡散分布 /脂肪組織、脳、筋肉に高いトリチウム残留(放射線医学総合研究所資料集書き出し)」(みんな楽しくHappy♡がいい♪ 2013年10月4日 11:06)

トリチウム水の魚卵発生に及ぼす影響~「孵化稚魚の眼径は有意に小さい」放射線医学総合研究所資料集(書き出し)」(みんな楽しくHappy♡がいい♪ 2013年10月5日 08:27)

<両棲類と哺乳類のトリチウム取り込み比較>「トリチウム水投与後10日目では脂肪組織に最も多く、次いで脳、睾丸、肝の順」放射線医学総合研究(内容書き出し)」(みんな楽しくHappy♡がいい♪ 2013年10月6日 13:00)

原発事故時の核汚染-年間1ミリから20ミリ許容へ-米国の環境保護庁新指針(案)」(院長の独り言 2013年10月20日 19:51)

チェルノブイリの白血病 ~ Noshchenko(2010年)を中心に」(Togetter 2013年11月3日 19:05)

放射能による急性死亡実験」(院長の独り言 2014年1月4日 22:41)

内部被曝の診断方法-問診票を試作しました」(院長の独り言 2014年1月7日 21:55)

「放射能は微生物では消せません」(日経トレンディネット 2014年2月13日)

10年前から存在していた放射性ストロンチウム汚染測定マニュアル」(院長の独り言 2014年2月16日 18:31)

〔写真〕(日本のテレビで放映された)スリーマイル島の奇形動植物」(はなゆーの倉庫 2014年3月5日 05:09)

不気味に増加していた 「リンパ・造血細胞がん」「乳がん」 スリーマイルが教えるフクシマの未来(その12)」(JBpress – 烏賀陽弘道 2014年3月7日)

1037.仲みどり-人類史上初めて「原子爆弾症」による死亡と診断された女性」(院長の独り言 2014年3月21日 22:58)

理学部物理学科の村田次郎教授が原発事故災害復興支援のための放射性ストロンチウム非破壊検出法を新規開発」(立教大学 2014年4月25日)

原爆被爆データや記録を読めばわかる被曝についての3つの誤り」(細々と彫りつける 2014年4月30日 22:30)

カリウムとセシウムの被ばくは違う!」(人生二毛作の田舎暮らし 2014年5月5日 22:05)

鼻血は放射性物質を含んだミクロ合金などの粒子が鼻粘膜血管付着して起こる」(エビデンスに基づく考察 2014年5月17日 15:06)

健康への悪影響の可能性は低被ばく線量では存在しており、年間被ばく線量が 1mSv以下及び可能な限り低くなったときのみ、避難者は帰還を推奨されるべきで ある。アナンド・グローバー」(原発問題 2014年6月1日 19:42)

1089.放射能の重さとベクレル、半減期」(院長の独り言 2014年6月7日 12:59)

1119.放射能の内部被曝で鼻血」(院長の独り言 2014年7月19日 17:50)

放射性物質はいかに飛散し人体に入り込むのか(1)」(私設原子力情報室 2014年8月5日 20:58)

放射性物質はいかに飛散し人体に入り込むのか(2)」(私設原子力情報室 2014年8月10日 16:40)

騙されていませんか?「100ミリシーベルト以下は健康被害があるとは証明されていない」年間100mSvと累積100mSvのトリック」(みんな楽しくHappy♡がいい♪ 2014年12月14日 17:50)

<トリチウムによる健康被害>西尾正道氏「原発を稼働させるだけで、事故が起こらなくても健康被害となりえる」「被ばく列島」より」(みんな楽しくHappy♡がいい♪ 2014年12月24日 20:31)

見えないなら見えるようにすればいい『放射線像』2/25写真集出版」(みんな楽しくHappy♡がいい♪ 2015年2月20日 12:59)

<まやかしの除染基準> 環境省が示す年間1mSv=1時間0.23μSv」(みんな楽しくHappy♡がいい♪ 2015年3月18日 08:30)

国際的なガン研究機関が「低線量被曝でも白血病リスクが増大する」」(低気温のエクスタシーbyはなゆー 2015年7月2日 12:04)

“Long-term low-dose radiation exposure may increase leukemia risk.” Reuters, July 9, 2015.

キース・ベーヴァーストック(東フィンランド大学環境科学学科)原発事故による甲状腺がんの発症と被曝時の年齢9/21第5回 市民科学者国際会議 2015」(みんな楽しくHappy♡がいい♪ 2015年10月2日 12:53)

【INWORKS論文の続編 長期にわたる放射線被ばくと固形がん死亡率に直線的関連性が示唆される】Yurihiranumaさんのツイートまとめ」(Togetter 2015年10月21日)

低線量被ばくでも発がんリスクが高まるとする、国際的な研究成果」(Science Media Centre of Japan 2015年10月23日)

フクシマ原発からの放射能漏洩はトテツモナイ量に! 全く報道されない「トリチウム」の危険性(ダイヤモンド社より)」(みんな楽しくHappy♡がいい♪ 2015年10月28日 19:54)

「100キロ圏外に避難不可能なら 原発再稼働認めるな」 余命わずか 放射線研究者の「遺言」/ 東京新聞」(瀬戸の風 2015年11月16日 06:57)

【『退避、避難、安定沃素剤の服用をして、初期被曝を避けねばならなかった』その理由】(2016.3.7作成)」(Togetter 2016年3月7日)

「日本の一般公衆の被曝限度の規制は、わが国では法令で年1mSvに規制されている」」(Togetter 2017年1月16日)

原子力と日本: 平時における一般公衆の被曝線量限度は「ある」」(Togetter 2017年2月3日)

Moore, Kate. “The Forgotten Story Of The Radium Girls, Whose Deaths Saved Thousands Of Workers’ Lives.” BuzzFeed, May 6, 2017.

たくさんの労働者を救った「ラジウム・ガールズ」、その忘れられた物語」(BuzzFeed News 2017年7月19日 17:01)

記述を見直しへ~復興庁「放射線のホント」」(OurPlanet-TV:特定非営利活動法人 アワープラネット・ティービー 2018年8月9日 13:17)

復興庁が「放射線のホント」のウソを認めました!」(放射線被ばくを学習する会 2018年8月11日 19:41)

【HBO!】東京電力「トリチウム水海洋放出問題」は何がまずいのか? その論点を整理する」(ハーバー・ビジネス・オンライン 2018年9月4日)

ガラスバッジで測ると、なぜ線量が低くなるのでしょう?」(放射線被ばくを学習する会 2019年1月6日 20:02)

ゲンさんの画帳