伊福部昭《交響頌偈「釈迦」》初演30周年 The 30th anniversary of Akira Ifukube’s Symphonic Ode: Gotama the Buddha premiere

30年前の今日 (4月8日) は、伊福部昭の名曲《交響頌偈「釈迦」》が初演された日です。
Thirty years ago today (April 8th), Akira Ifukube’s masterpiece Symphonic Ode “Gotama the Buddha” was premiered in Japan.

伊福部昭 交響頌偈 釈迦 Akira Ifukube - Symphonic Ode: Gotama the Buddha

イラスト:タムラゲン Illustration by Gen Tamura

 

浄土宗東京教区青年会主催による「釈尊降誕会コンサート」
初演日:1989年4月8日
会場:ゆうぽうと簡易保険ホール
指揮:小松一彦
管絃楽:東京交響楽団
合唱:東京オラトリオ研究会、大正大学合唱団
合唱指揮:郡司博
Buddha’s Birthday Concert sponsored by Jodo Shu Buddhist Denomination Tokyo District Youth Association
Date: April 8th, 1989
Place: You-Port Kan-i Hoken Hall
Conductor: Kazuhiko Komatsu
Orchestra: Tokyo Symphony Orchestra
Chorus: Tokyo Oratorio Society and Taisho University Mixed Chorus
Choral director: Hiroshi Gunji

伊福部昭 交響頌偈 釈迦 CD

私は無宗教ですが、この曲の荘厳さには、聴く度に神々さを感じずにはいられません。

Although I am agnostic, I always feel sanctity of this solemn score every time I listen to it.

日本では、年末にはベートーヴェンの交響曲第9番が演奏されるのが定番ですが、伊福部先生の「釈迦」も演奏されるべきだと思います。
While Beethoven’s Ninth Symphony is frequently performed in Japan at the end of the year, I think Mr. Ifukube’s “Buddha” should be performed more often.

因みに、「ベートーヴェンは交響曲第9番に合唱を付けるべきだったのでしょうか?」という外国人の質問に対し、伊福部先生は「彼は『交響曲』ではなく『交響的カンタータ』と名付けるべきでした」と答えていました。
Incidentally, when Mr. Ifukube was asked whether or not Beethoven should have included vocals in the Ninth Symphony, he said “[Beethoven] should have called the piece a symphonic cantata instead of a symphony”.
Akira Ifukube Interview I by David Milner, Translation by Yoshihiko Shibata (Conducted in December 1992)

私が《交響頌偈「釈迦」》の生演奏を初めて聴いたのは、2004年5月31日にサントリーホールで開催された「伊福部昭 九十歳[卆寿]を祝うバースデイ・コンサート」でした。しかも、伊福部先生が近くの座席にお座りになったのには感激でした。
I listened to the live performance of Symphonic Ode “Gotama the Buddha” for the first time at Mr. Ifukube’s 90th birthday concert (Suntory Hall) on May 31st, 2004. Besides, I was moved that Mr. Ifukube sat near me.

伊福部昭 九十歳 卆寿 を祝うバースデイ・コンサート サントリーホール

思えば、御存命の先生を拝見したのは、あのときが最後でもありました。数々の名曲を残して下さった伊福部先生に感謝いたします。

Looking back now, that was the last time I saw him alive. I am grateful to Mr. Ifukube who left behind many great works.

コメント COMMENTS